楊門女将(読み)ようもんじょしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国の京劇の作品。江南の地方劇揚劇(ようげき)の伝統演目『百歳掛帥(ひゃくさいかいすい)』を参考に、範鈞宏(はんきんこう)と呂端明(りょたんめい)が編んだもの。宋(そう)の仁宗(じんそう)の世、西夏(せいか)の王文が辺境の三関を侵し、宋の守将楊宗保(ようそうほ)は討ち死にする。訃報(ふほう)を聞いた楊家の佘太君(しゃたいくん)は、和戦を決しかねる朝廷に飽き足らず、100歳の高齢をおして穆桂英(ぼくけいえい)ら楊家の諸女将を率い、出陣を決意する。三関に至り、佘太君らは激戦のすえに王文を破る。王文は天険に拠(よ)って宋軍を谷におびき寄せようとするが、穆桂英は間道を伝って王文の軍を背後から襲撃。佘太君と穆桂英の挟み撃ちに、王文は大敗、宋軍の大勝利となる。1960年に映画化。地方劇にもほぼ同内容の『十二寡婦征西(じゅうにかふせいせい)』と題する演目がいくつかある。

[刈間文俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android