天険(読み)テンケン

デジタル大辞泉 「天険」の意味・読み・例文・類語

てん‐けん【天険】

地勢がけわしくなっている所。自然の要害。「天険の地」
[類語]要害険難険阻険峻峻険急峻険要険所険しい峻峭峻抜峻岳峻峰峻嶺高峰高嶺奇峰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「天険」の意味・読み・例文・類語

てん‐けん【天険】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 地勢が自然に険(けわ)しくなっているところ。自然の要害。
    1. [初出の実例]「神明伝統、天険開疆、土壌膏腴、人民庶富」(出典本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉)
    2. [その他の文献]〔後漢書‐孔融伝〕
  3. 天が高いことをいうたとえ。〔易経‐坎卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「天険」の読み・字形・画数・意味

【天険】てんけん

自然の要害。

字通「天」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android