コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楔状斜交層理 くさびじょうしゃこうそうりwedge-shaped cross-lamination

岩石学辞典の解説

楔状斜交層理

斜交成層(cross stratification)の組で,垂直断面では大きな三角形に見え,風成堆積物の代表的なものと考えられている[Shrock : 1948].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

楔状斜交層理の関連キーワード斜交成層

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android