コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜交層理 しゃこうそうり

岩石学辞典の解説

斜交層理

cross-bedding: 斜交成層(cross-stratification)ど同じであるが,斜交成層を構成する単層の厚さが数10cm以上のものをいう[地学団体研究会 : 1996].→斜交成層
current bedding: →水流層理
diagonal bedding: →斜交成層

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜交層理
しゃこうそうり

一般成層面と斜交して形成された層理または成層状態。偽層(ぎそう)ともよばれる。斜交する層理の単層の厚さが1センチメートル以上のものを斜交層理またはクロスベッドcross-bed、1センチメートル以下のものを斜交葉理またはクロスラミナcross-laminaとよぶ。斜交層理は主として砂岩層の内部にもっとも多くみられ、水流や風によって運ばれた砂粒が、移動方向に傾斜した面に沿って並び、次々に形成される。上下を一般成層面で限られた一連の斜交した層(前面層)を、斜層のユニットunitとよぶ。
 斜交層理は形態的特徴によって板状斜交層理と溝(みぞ)状斜交層理とに分けられる。板状のものの多くは前面層が下に凸であり、ユニットの上部ではその上面に高角度で切られ、下部ではその下面に徐々に収斂(しゅうれん)する。溝状のものは、溝の軸のプランジplunge(褶曲(しゅうきょく)軸などの沈下)する方向が水流の向きを示す。このような特徴をもとにして、地層の上下判定を行ったり、地質時代の海底付近における海流の方向、すなわち古流向を求めたりすることができる。斜交層理は風成堆積(たいせき)物やデルタなどの浅海堆積物中に多いが、深い水底で堆積した乱泥流堆積物にもみられる。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

斜交層理の関連キーワードcrossシュードストロマティズムチョッピー斜交層理フュリアス斜交葉理斜交ドリフティングリップル・ドリフトモラッセ(地学)激流成斜交層理杉綾状斜交層理直線的斜交成層地学団体研究会矢筈状斜交層理平面型斜交層理稲妻型斜交層理山形斜交層理複合斜交層理漣痕斜交層理溝状斜交成層三角州堆積物古気候指示物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android