コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉綾状斜交層理 すぎあやじょうしゃこうそうりherringbone cross-bedding

1件 の用語解説(杉綾状斜交層理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

杉綾状斜交層理

cross-strataの配列で,垂直断面では隣り合って交互の方向に傾斜したforesetと組み合わさっている[Shrock : 1948].前面層の傾斜が互いに逆向きである一対の板状斜交成層で,模様が矢筈(やはず)のように見えるのでこの名がある[木村ほか : 1973].ヘリンボーンherringbone)は鰊(にしん)の骨のことで,杉の葉に似た模様であるため,洋服などの織物では普通は杉綾といわれている.山形斜交層理(chevron cross-bedding)[Pettijohn & Potter : 1964].zig-zag coss-beddingと同意語.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

杉綾状斜交層理の関連キーワード斜交成層セット板状斜交成層STRATA VISION3d国際赤十字コーセット単純斜交成層偽層斜交層理複合斜交層理

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone