コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉綾状斜交層理 すぎあやじょうしゃこうそうり herringbone cross-bedding

1件 の用語解説(杉綾状斜交層理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

杉綾状斜交層理

cross-strataの配列で,垂直断面では隣り合って交互の方向に傾斜したforesetと組み合わさっている[Shrock : 1948].前面層の傾斜が互いに逆向きである一対の板状斜交成層で,模様が矢筈(やはず)のように見えるのでこの名がある[木村ほか : 1973].ヘリンボーンherringbone)は鰊(にしん)の骨のことで,杉の葉に似た模様であるため,洋服などの織物では普通は杉綾といわれている.山形斜交層理(chevron cross-bedding)[Pettijohn & Potter : 1964].zig-zag coss-beddingと同意語.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉綾状斜交層理の関連キーワードQWERTY配列アンチコドン反復配列小間返しAlu反復配列逆方向反復配列ホルモン応答配列楔状斜交層理コーセット配列仮説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone