コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠屋宗五郎 くすや そうごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠屋宗五郎 くすや-そうごろう

?-? 幕末の商人,尊攘(そんじょう)運動家。
筑前(ちくぜん)福岡の豪商。京都の儒者春日潜庵(かすが-せんあん)に師事。勤王派を援護し,西郷隆盛,僧月照(げっしょう)らの危機をすくったこともある。慶応元年(1865)福岡藩内の勤王派が弾圧された乙丑(いっちゅう)の獄で月形洗蔵らとともに捕らえられ,のち釈放された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例