コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠田英世 くすだ ひでよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠田英世 くすだ-ひでよ

1831*-1906 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政13年11月19日生まれ。肥前佐賀藩士。戊辰(ぼしん)戦争で会津(あいづ)征討総督仁和寺宮嘉彰(にんなじのみや-よしあき)親王(のち彰仁(あきひと)親王)の副参謀。維新後,新潟県知事,元老院議官を歴任し,民法編纂(へんさん)委員をつとめた。明治39年10月22日死去。77歳。通称は十左衛門,十助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楠田英世の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android