コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠葉関 くすはのせき

世界大百科事典 第2版の解説

くすはのせき【楠葉関】

中世,河内国交野郡楠葉(古くは葛葉,樟葉とも表記。現,大阪府枚方市)の淀川沿岸にあった関所。関所設置の時期は明確でないが,《太平記》によれば,後醍醐天皇親政にあたり,〈商賈往来ノ弊,年貢運送ノ煩アリ〉として新関が停止されたときにも,大津,楠葉のみは除外されていることによって由緒の深さが知られる。1340年(興国1∥暦応3)には,院宣により,楠葉関は春日社造営料所に充てられており,48年(正平3∥貞和4)には,伊勢国から宝剣を進上した円成阿闍梨なる者に,恩賞として同関を与えるとの院宣が下されたが,〈葛葉ノ関ハ,年来南都ノ管領ノ地ニテ候ヲ,無謂召放レン事,衆徒ノ嗷訴ヲ招クニテ候ハズヤ〉というわけで直ちに返付されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

楠葉関の関連キーワード楠葉台場跡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android