コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楫取 素彦 カトリ モトヒコ

1件 の用語解説(楫取 素彦の意味・用語解説を検索)

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

楫取 素彦
カトリ モトヒコ


肩書
元老院議官,宮中顧問官,貴院議員

旧名・旧姓
旧姓=松島 小田村

別名
諱=希哲 字=士毅 通称=伊之助 文助 素太郎 号=耕堂

生年月日
文政12年3月15日(1829年)

出生地
長門国大津郡三隅村(山口県)

経歴
旧萩藩士。藩医・松島瑞蟠の二男。天保11年儒者・小田村家の養子となる。藩校・明倫館に学んだ後、江戸に出て安積良斎に師事。帰藩後、明倫館助教となる。吉田松陰の妹と結婚し、松陰の活動(松下村塾など)を援助した。また幕末の志士として、第2次長州征伐の際、開戦阻止に尽力。明治3年楫取と改名。維新後は足利県参事、熊谷県令、群馬県令、元老院議官、宮中顧問官、貴院議員を歴任。この間、群馬県令を務めていた15年に、我が国最初の“廃娼令”を布達した。20年男爵。

没年月日
大正1年8月14日

家族
兄=松島 剛蔵(萩藩士)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
(C) 2003 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楫取 素彦の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)総合年表(北・東・東南アジア)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)日本名数小辞典日本神話の神々

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楫取 素彦の関連情報