コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松島 まつしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松島
まつしま

熊本県南西部,天草諸島上島北東部にある地区。旧町名。 1955年今津 (いまつ) ,阿 (あ) ,教良木河内 (きょうらぎかわち) の3村が合体して松島村となり,1956年町制。 2004年3月大矢野,姫戸龍ヶ岳の3町と合併,上天草市となる。旧町名は付近一帯の景観が日本三景の一つ松島に似ていることに由来する。エビ,真珠の養殖が行なわれる。阿村港は木造・機帆船の本拠地。天草五橋を結ぶ天草パールライン (国道 266号線) が通り,合津 (あいつ) 港では三角 (みすみ) ,八代,島原の各港へのフェリー,天草松島の遊覧船が発着する。千巌 (せんがん) 山および高舞登 (たかぶと) 山 (ともに国指定名勝) からの天草松島の眺望は特にすばらしく,一部は雲仙天草国立公園に属する。合津付近で国道 266号線と 324号線 (ロザリオライン) が分岐。

松島
まつしま

宮城県中部,松島湾とその沿岸一帯の地域。日本三景の一つ。塩竈市と,松島町東松島市七ヶ浜町にまたがる。1902年松島県立自然公園に,1952年国の特別名勝に指定された。新第三紀凝灰岩や頁岩からなる 260余の島と海岸は,海食を受けて種々の奇観を呈す。周辺の丘陵とともにクロマツに覆われているので「松島」の名が生まれた。湾口の七ヶ浜半島の多聞山(たもんざん。56m)からの眺望を「偉観」と呼び,宮戸島大高森(106m)からの眺めの「壮観」,湾北部の富山(117m)からの「麗観」,西岸の扇谷双観山(56m)からの「幽観」を合わせて,古来より松島四大観というように,松島の景観は場所により季節により変化に富む。湾内の内松島と湾外の外松島は対照的な景観を呈す。西岸の姉取山(138m)に有料道路パノラマラインもある。松島湾北西部の松島海岸は,交通の便がよいことから松島観光の中心で,雄島(おしま),福浦島などの松島八島と,国宝の瑞巌寺本堂(1953指定),国の重要文化財の五大堂(1901指定),観瀾亭などがあり,水族館,遊覧船の船着場,ヨットハーバー,ホテルや旅館,みやげ物店も多い。松島湾東部の宮戸島,寒風沢島(さぶさわじま),野々島,小烏帽子列島のあたりを奥松島と呼び,静けさが賞され,宮戸島の東側に海食崖の嵯峨渓がある。

松島
まつしま

長崎県中部,西彼杵半島西岸から約 1km西方にある島。旧村域。 1955年近隣町村と合体して大瀬戸町となり,2005年西海市に属する。大正期に炭鉱が開発され,人口も 1920年には1万 4000に達したが,1934年の水没事故で閉山。釜ノ浦は江戸時代に風待ち港,潮待ち港として栄え,後期には捕鯨の基地でもあった。農業と漁業の島。 1981年北部に主として石炭を燃料とする出力 100万 kWの火力発電所が建設された。佐世保港,および対岸の瀬戸港から船の便がある。面積 6.24km2。人口 789 (2000) 。

松島
まつしま

常磐津節の曲名。本名題『岸さざなみ常磐松島 (きしのさざなみときわのまつしま) 』。河竹黙阿弥作詞,6世岸沢式佐作曲。 1884年常磐津と岸沢両派の和解を記念して作られたもので,東北の名勝地松島を歌う。

松島
まつしま

旧日本海軍の軍艦。日清戦争当時の『厳島』『橋立』と並ぶ日本主力艦3隻の一つ。 1891年に進水し,排水量 4300t,速力 16kn,主砲 32cm砲1,12cm砲 11。黄海海戦で活躍。『厳島』の2代目は敷設艦で,排水量 1970t,速力 17kn,機雷 300搭載。 (→三景艦 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつしま【松島】

宮城県中部、松島湾一帯の景勝地。海食により奇観を呈する大小260余の島があり、松が茂る。日本三景の一。大高森(おおたかもり)・富山(とみやま)・扇谷(おうぎがやつ)山・多聞山(たもんざん)からの眺望がすぐれ、松島四大観と称される。瑞巌寺・五大堂・塩竈(しおがま)神社・観瀾(かんらん)亭などがある。[歌枕
「―や雄島の磯にあさりせし海人(あま)の袖こそかくは濡れしか」〈後拾遺・恋四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松島【まつしま】

宮城県中部,松島湾一帯の景勝地(特別名勝)。日本三景の一つ。湾内に散在する260余の島々は沈水した松島丘陵のかつての高所で,波食により奇景を呈し,白い岩肌(いわはだ)と松が調和している。
→関連項目象潟[町]松島[町]松島湾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつしま【松島】

宮城県中部,仙台湾の支湾松島湾の沿岸部および松島湾に散在する島嶼(とうしよ)群の総称。日本三景の一つで,特別名勝。松島丘陵の南東部が,沈水して形成された湾入が松島湾で,沿岸は海食台地の隆起した比較的平たんな丘陵となり,沈水部の高所は段丘地形をもつ大小260余の島々や屈曲の多い岬となっている。これらは南東~北西方向の断層・褶曲系に支配されて規則的配列を示している。第三紀の凝灰岩,砂岩,レキ岩,泥板岩などからなる島のうち60余島にはクロマツ,アカマツが繁り,千貫島,兜(かぶと)島,仁王島など垂直の断面や水平の縞模様,波形の海食崖など特殊な海食地形を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつしま【松島】

宮城県中部、松島丘陵の東部が沈降して形成された松島湾一帯の景勝地。日本三景の一。大高森からの壮観、富山からの麗観、扇谷からの幽観、多聞山からの偉観を松島四大観という。塩竈神社・瑞巌ずいがん寺・五大堂・観瀾亭などがある。まつがうらしま。⦅歌枕⦆ 「 -や雄島の磯にあさりせしあまの袖こそかくはぬれしか/後拾遺 恋四
熊本県西部、上天草市の地名。天草諸島の上島北東部にあり、北部は天草松島と呼ばれる多島海。天草五橋の終点。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕松島(まつしま)


宮城県中部、仙台湾奥にある松島湾一帯の総称。松島丘陵が沈降してできた溺(おぼ)れ谷で、大小260余の島が点在する景勝地。京都府の丹後(たんご)の天橋立(あまのはしだて)、広島県の安芸(あきの)宮島と並ぶ日本三景の一つ。国指定の特別名勝で、県立松島自然公園に指定。島々にはクロマツやアカマツが茂り、凝灰岩の海食地形がみられる。大高森(おおたかもり)の壮観、富(とみ)山の麗観、扇(おうぎ)谷の幽観、多聞(たもん)山の偉観が「松島四大観(しだいかん)」とされる。1609年(慶長(けいちょう)14)に伊達政宗(だてまさむね)によって再建された国宝の瑞巌(ずいがん)寺、重要文化財の五大堂・観瀾亭(かんらんてい)などがある。海水浴場・キャンプ場や水族館・松島タワー展望台などの施設が整備され、四季を通じて観光客でにぎわう。湾内を遊覧船が運航。姉取(あねとり)山に観光道路の松島パノラマラインが通じる。

〔長崎県〕松島(まつしま)


長崎県中部、西彼杵(にしそのぎ)半島の西岸沖に浮かぶ島。面積6.4km2。西海(さいかい)市に属する。江戸時代は沿岸捕鯨の基地。大正期から海底炭田が開発され繁栄したが、1934年(昭和9)の海水浸水事故で閉山。1973年(昭和48)、海外炭を用いた発電所として日本最大の石炭専焼火力発電所(総出力100万kW)が建設された。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松島の言及

【日本三景】より

…宮城県の松島,京都府の天橋立(あまのはしだて),広島県の厳島(いつくしま)を日本三景と称している。松島や天橋立はすでに平安時代中期までに,京都の貴族たちには広く知られた名勝地で,歌や名所絵のよき題材とされていた。…

※「松島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松島の関連キーワード復興がんばろう東北!松島マラソン宮城県宮城郡松島町桜渡戸宮城県宮城郡松島町北小泉熊本県上天草市松島町合津宮城県宮城郡松島町手樽キャンピングヒルズ鴨川宮城県宮城郡松島町幡谷宮城県宮城郡松島町高城宮城県宮城郡松島町松島松島 庄五郎(4代目)徳島県板野郡上板町泉谷宮城県宮城郡松島町磯崎宮城県宮城郡松島町根廻宮城県宮城郡松島町初原宮城県宮城郡松島町竹谷福井県坂井市三国町崎松島オートキャンプ場マリンピア松島水族館松島ハーフマラソン松永鉄五郎(5代)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松島の関連情報