コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業務上失火等罪 ギョウムジョウシッカトウザイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょうむじょうしっかとう‐ざい〔ゲフムジヤウシツクワトウ‐〕【業務上失火等罪】

失火罪激発物破裂罪にあたる行為を、業務上必要な注意を怠ったことにより行う罪。刑法第117条の2が禁じ、3年以下の禁錮または150万円以下の罰金に処せられる。業務上失火罪
[補説]この場合の業務とは、職業上の活動に限らず、社会生活において反復・継続して行う活動を指す。→業務2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

業務上失火等罪の関連キーワード補説

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android