コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失火罪 しっかざい fahrlässige Brandstiftung

6件 の用語解説(失火罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

失火罪
しっかざい
fahrlässige Brandstiftung

過失に基づく火災によって建造物,器物を焼いたとき,刑法はこれを失火罪 (116,117条ノ2) として処罰する。火力によって公共の危険をきたし,多数人の生命,身体,財産に対し不測の損害を与えるおそれがあるため,失火を公共危険罪の一種とし,業務上過失または重過失によるときには刑が加重される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しっか‐ざい〔シツクワ‐〕【失火罪】

過失により火災を発生させて、建造物・船舶・鉱坑などを焼失させる罪。刑法第116条が禁じ、50万円以下の罰金に処せられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

失火罪【しっかざい】

過失により火力をもって目的物を焼く罪で,刑は50万円以下の罰金(刑法116条)。人の住居に使用し,もしくは人の現在する建造物・汽車・電車・艦船・鉱坑,または他人の所有するそれらのものを焼いたときは,直ちに本罪が成立するが,それ以外の場合は公共の危険が発生したことを要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しっかざい【失火罪】

過失により火災を発生させ,建造物その他の物を焼く罪(刑法116条)。失火罪は客体の相違により成立要件を多少異にする。すなわち,現住建造物等を焼く場合または他人の非現住建造物を焼く場合は,いわゆる抽象的危険犯であり,公共の危険が発生したか否かを問わず失火罪が成立するが,自己所有の非現住建造物または他人のないし自己の非建造物を焼く場合には,いわゆる具体的危険犯であり,公共の危険が発生した場合にかぎり失火罪が成立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しっかざい【失火罪】

過失により火災を起こし、建造物・艦船・鉱坑などを焼失させる罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

失火罪
しっかざい

過失により火災を発生させ、公共の危険を生じさせる罪。失火罪は広義の放火罪の一種であり、基本的には、公共危険犯、すなわち、不特定または多数人の生命・身体・財産に対し危険を生じさせる罪であるが、同時に、財産犯的性格も考慮されている。現行刑法には大きく次の3類型がある。すなわち、(1)過失によって現住建造物または他人所有の非現住建造物を焼損する罪(116条1項)、(2)過失によって自己所有の非現住建造物を焼損する罪(同条2項)、(3)業務上の過失または重大な過失によって(1)、(2)の罪が行われる場合(117条の2)、がそれである。このうち、(1)および(3)の罪は、抽象的公共危険犯であり、目的物の焼損があれば公共危険の発生が擬制されるのに対して、(2)の罪では、目的物の焼損に加えて、公共危険が具体的に発生することを要するものと解されている(通説・判例)。
 失火罪のうち、(1)、(2)は50万円以下の罰金であるが、(3)の業務上失火罪と重過失失火罪とは、とくに刑が重く(3年以下の禁錮または150万円以下の罰金)、なかでも、業務上失火罪における「業務」とは何かがしばしば問題となる。「業務」につき、判例は、火気を直接取り扱う業務のみならず、発火の危険を伴う業務や火災の発見防止の業務も、これに含まれると解している。ただ、家庭の主婦や喫煙者などは、日常的に火気を用いるが、「社会生活上の地位」に基づいて行っているわけではないから、ここにいう「業務」にはあたらない。
 なお、ホテル、デパート、病院における火災にしばしばみられるように、業務上失火により多数を死傷させる場合、判例は業務上過失致死傷罪(刑法211条)のみの責任を問うにとどまるものがほとんどであるが、学説では、業務上失火罪も成立しうると解するのが一般である。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失火罪の関連キーワード過失犯他殺過失傷害罪過失建造物浸害罪過失建造物等浸害罪過失致死罪テスラコイル認識ある過失火災警報器廃棄物その他の物質の投棄による海洋汚染の防止に関する条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

失火罪の関連情報