コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極め キワメ

デジタル大辞泉の解説

きわめ〔きはめ〕【極め】

刀剣・書画・骨董(こっとう)などの価値をみきわめること。鑑定。目利き。また、その鑑定書。「極めをつける」
推し進めた最後のところ。極限。果て。きわみ。
「運の―ぞ無念なる」〈謡・熊坂
定めること。決定。契約。
「先刻(さっき)の―じゃあ、私がおかみさんな筈だよ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

極めの関連キーワード暴を以て暴に易え、その非を知らず亢竜悔いあり朱判貞宗盛者必衰極め書き極め付き酒池肉林生駒光忠蘇我蝦夷乃木静子罵詈雑言究竟法身中務正宗富田渓仙明き心色鍋島切込焼楽阿弥正花風極め札

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極めの関連情報