コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極め キワメ

1件 の用語解説(極めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きわめ〔きはめ〕【極め】

刀剣・書画・骨董(こっとう)などの価値をみきわめること。鑑定。目利き。また、その鑑定書。「極めをつける」
推し進めた最後のところ。極限。果て。きわみ。
「運の―ぞ無念なる」〈謡・熊坂
定めること。決定。契約。
「先刻(さっき)の―じゃあ、私がおかみさんな筈だよ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

極めの関連情報