目利き(読み)メキキ

デジタル大辞泉の解説

め‐きき【目利き】

器物・刀剣・書画などの真偽・良否について鑑定すること。また、その能力があることや、その能力を備えた人。人の才能・性格などを見分けることにもいう。「茶器の目利きをする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めきき【目利き】

書画・刀剣・器物などの真偽やよしあしを見分けること。また、それにすぐれた人。 「書画の-をする」
人の性質・才能などを感得する能力があること。また、その人。
目がきくこと。見分けること。 「どの骨仏やら-がならぬ/浮世草子・好色万金丹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目利きの言及

【鑑定】より

…モレリはまた鑑定においてはそれまでほとんど使われることのなかった写真の利用を最初に唱えた一人でもあった。一方,ドイツ人のボーデWilhelm von Bode(1845‐1929)やM.J.フリートレンダーは長年の経験による直観力を重視する,いわゆる〈目利き〉のタイプである。現代の鑑定はこれらの方法に加え,科学技術の長足の進歩を反映して,物理的・化学的方法をも多分にとり入れている。…

※「目利き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目利きの関連情報