コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極超音速流 きょくちょうおんそくりゅう hypersonic flow

1件 の用語解説(極超音速流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極超音速流
きょくちょうおんそくりゅう
hypersonic flow

超音速流のなかでも,特にマッハ数 (流速/音速) の値が約5以上の流れをいう。極超音速流においては,衝撃波の頂角が小さくなり,波面が物体表面に接近する。このため物体表面には,境界層,粘性発熱によって生じる温度境界層,衝撃波の3種の層が形成されることになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の極超音速流の言及

【高速気流】より

… このように物体のまわりの気体の流れは主流のマッハ数によって大きく変化するので,これを基準に流れを分類することが行われる。一般に主流のマッハ数0.8以下を亜音速流,0.8~1.2を遷音速流,1.2以上を超音速流といい,とくに5以上を極超音速流という。なお,遷音速流は物理的には亜音速流と超音速流の共存する流れと定義される。…

※「極超音速流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

極超音速流の関連キーワード亜音速流遷音速流超音速流マッハ計マッハ波スクラム・ジェット・エンジン中でも超音速飛行一様流のマッハ数主流のマッハ数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone