コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様変はる サマカワル

デジタル大辞泉の解説

さま‐かわ・る〔‐かはる〕【様変はる】

[動ラ四]
ようすが普通と変わる。風変わりになる。
「いと夜深う出でさせ給ふなるも―・りたる心地のみし侍るかな」〈・須磨〉
剃髪して僧や尼になる。
「―・りたる人々ものし侍りしに」〈かげろふ・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さまかわる【様変はる】

( 動四 )
様子が変わる。ふうがわりである。 「これは、いと-・りたるかしづきぐさなり/源氏 若紫
髪を剃って僧や尼になる。 「今はとて-・るは悲しげなるわざなれば/源氏 若菜上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

様変はるの関連キーワード源氏

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android