コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槙肌/槙皮 マイハダ

デジタル大辞泉の解説

まい‐はだ【×槙肌/×皮】

《「まきはだ」の音変化》ヒノキコウヤマキ甘皮を砕いて繊維としたもの。舟や桶などの水漏れを防ぐために、材の合わせ目や継ぎ目に詰め込む。のみ。のめ。

まき‐はだ【×槙肌】

まいはだ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の槙肌/槙皮の言及

【コウヤマキ(高野槙)】より

…近畿地方の古墳から出土する木棺はほとんどがこの材で作られていたという。樹皮は槙肌(まきはだ∥まいはだ)といい,水桶,船板のすきまの詰物に適する。とくに庭園樹としての価値は高い。…

※「槙肌/槙皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

槙肌/槙皮の関連キーワード甘肌

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android