コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋殿/楲殿 ヒドノ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐どの【×樋殿/×楲殿】

便所。かわや。
「物脱ぎ散らして急ぎ―へ行きたりけるに」〈今物語

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の樋殿/楲殿の言及

【寝殿造】より

…たとえば《源氏物語》の主人公,光源氏は二条院を居所としていたが,光は寝殿を,妻の紫の上は西の対を生活の場としていた。そして日常生活に必要な樋殿(ひどの)(便所)や湯殿(浴室)などの設備もそれぞれ別個に設けられ,食事さえ別々に行われた。寝殿の内部(母屋)には塗籠(ぬりごめ)と呼ばれる寝室のみが部屋として間仕切られていたが,これもしだいに形骸化し,寝殿の中央近くに置かれた帳台が寝所となった。…

※「樋殿/楲殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

樋殿/楲殿の関連キーワード便所物語

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android