コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今物語 いまものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今物語
いまものがたり

鎌倉時代中期の説話集。編者は藤原信実 (のぶざね) と伝えられる。1冊。延応1 (1239) 年以後まもなくの成立か。長短とりまぜ 53話から成る。宮廷や寺院の挿話が主で,多く和歌連歌にまつわる文学説話だが,神仏の霊験談,僧侶の失敗談などもある。「今」は「当代の」の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いまものがたり【今物語】

鎌倉時代の説話集。1巻。藤原信実(ふじわらののぶざね)の作といわれる。延応元年(1239)以後の成立か。和歌・連歌・恋愛など上流男女の話題を中心に和文体で記す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いまものがたり【今物語】

鎌倉時代の説話集。1冊。藤原信実(1176?‐1266ころ)編。成立年時は未詳であるが,作中に延応1年(1239)の年紀が見えることから,それ以後,信実の晩年にかけての著述であろう。書名の由来は,言い古された昔物語に対して,当世の新しい話題を集めたことからの称。ひらがな本位の和文体で記した読物的説話集で,和歌・連歌説話を主体に53話の短編説話を集録。雑纂形式でとくに部類分けはしないが,説話の配列には連想による類集性が認められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いまものがたり【今物語】

説話集。一巻。藤原信実撰と伝える。1239年以後の成立。平安末期から鎌倉時代にかけての説話を収める。風流・情事・和歌・連歌・神祇・滑稽譚など五三編。歌物語的性格をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今物語
いまものがたり

鎌倉時代の説話集。1巻。藤原信実(のぶざね)著。1239年(延応1)~41年(仁治2)の間の成立。平安後期以後の比較的新しい説話53編を集める。和歌、連歌や恋愛に関する上流男女の話題が多く、彼らの風雅さを「やさし」と評する章段が中心をなすが、滑稽譚(こっけいたん)の類も目だち、とくに後半は卑俗に流れる傾向がある。平家の時代、『千載集(せんざいしゅう)』『新古今集』歌壇の人々などの知られざる一面を伝える興味深い説話集で、『平家物語』などに影響を与えているが、ややじみな印象があり、広く読まれるに至っていない。[三木紀人]
『久保田淳他校注『今物語・隆房集・東斎随筆』(1979・三弥井書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今物語の関連キーワード焼き絵・焼絵樋殿・楲殿双木千竹源氏供養藤原隆房鎌倉時代説話文学ホタル乾百内隠し所一巻神祇清め樋殿憚し塞ぐ情事

今物語の関連情報