コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準磁場 ひょうじゅんじばgeomagnetic reference field

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんじば【標準磁場 geomagnetic reference field】

地球磁場を正確に表現するように決められたモデルで,ガウス係数として与えられている。この係数を用いて,決められた公式から,地球上あるいは地球近傍の宇宙空間での磁場を計算することができる。地球磁場は年々変化していくので,国際会議で5年に1回新しいものが決められるが,研究者ごとに少しずつ違いがあり,どのモデルがいちばん正確かが常に議論されている。【柳沢 正久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の標準磁場の言及

【地磁気】より

…彼は当時利用しうる91ヵ所の地磁気観測結果を用いて計算した各球関数の係数の大きさから,地磁気の原因のほとんどが地球内部にあること,および地磁気が地球中心で自転軸と11度傾いた磁気双極子による双極子磁場で近似できることを証明した。現在では国際標準地球磁場International Geomagnetic sekaidaihyakka_reference Field(IGRF)といって80個の球関数の和で地磁気のポテンシャルを定め,各地の磁気異常を求めるときの標準磁場として使用されている(図2-a,図2-b,図2-c)。
[地磁気の時間変化]
 このような地磁気の観測を通じて,地磁気は一定不変ではなく,時間的に変動していることが知られている。…

※「標準磁場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

標準磁場の関連キーワード地球磁場

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android