コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準観測者 ひょうじゅんかんそくしゃstandard observer

1件 の用語解説(標準観測者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準観測者
ひょうじゅんかんそくしゃ
standard observer

基準観測者ともいう。物体の色や光の明るさは視覚によって感じる感覚的な量で,物理的測定が不可能であり,また個人差もある。そこで,正常な視覚をもつ多数の観測者による色感または視感のテスト結果から,平均的な視感度分光感度をもつ仮想的な観測者を国際照明委員会によって設定する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の標準観測者の言及

【標準比視感度】より

…ほかにも等色関数(λ),(λ),(λ)などの特性も定められており,これらも上記の架空人物の性質として考え,かつ関数間の整合性が保たれると何かと便利である。国際照明委員会ではこのような架空の人物を標準観測者と名付けて活用している。したがって標準観測者の明所視における比視感度がV(λ)であると表現できる。…

※「標準観測者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone