コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横断節理 おうだんせつりcross joint

岩石学辞典の解説

横断節理

岩体の貫入による流線に直角かそれに近く,かつ地表に垂直な節理.一次的な流理面に垂直で,引張り応力に垂直にできる張力節理(tension joint)の代表的なものと考えられている.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の横断節理の言及

【節理】より

…複数の節理の組をまとめて節理系と呼び,広範囲にわたって一定の方向性を示す節理系を広域節理という。広域節理で,走向がその分布地域の大構造の長軸(例えば褶曲軸)に平行なものを縦走節理,これに直交するものを胴切り節理または横断節理といい,この両者に斜交するものを斜交節理または斜走節理という(図)。【岩松 暉】。…

※「横断節理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横断節理の関連キーワード一番

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android