コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫野南陽 かしの なんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫野南陽 かしの-なんよう

1887-1956 明治-昭和時代の日本画家。
明治20年6月27日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)に師事明治40年第1回文展で上村松園らとともに3等賞に入選。のち国画創作協会展に出品した。昭和31年7月31日死去。69歳。兵庫県出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は菅八。作品に「まみづ汐水」「島の海」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樫野南陽の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android