コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫野南陽 かしの なんよう

1件 の用語解説(樫野南陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫野南陽 かしの-なんよう

1887-1956 明治-昭和時代の日本画家。
明治20年6月27日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)に師事。明治40年第1回文展で上村松園らとともに3等賞に入選。のち国画創作協会展に出品した。昭和31年7月31日死去。69歳。兵庫県出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は菅八。作品に「まみづ汐水」「島の海」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樫野南陽の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌トヨエースSKB児童文学賞カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone