橋 閒石(読み)ハシ カンセキ

20世紀日本人名事典の解説

橋 閒石
ハシ カンセキ

昭和・平成期の俳人 「白燕」主宰;神戸商科大学名誉教授。



生年
明治36(1903)年2月3日

没年
平成4(1992)年11月26日

出生地
石川県金沢市

本名
橋 泰来(ハシ ヤスキ)

学歴〔年〕
京都帝大文学部英文科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和48年〕,兵庫県文化賞〔昭和53年〕,神戸市文化賞〔昭和54年〕,蛇笏賞(第18回)〔昭和59年〕「和栲」,詩歌文学館賞(第3回)〔昭和63年〕「橋閒石俳句選集」

経歴
神戸商大教授、親和女子大学学長を歴任。19世紀はじめの英随筆文学を研究。傍ら、昭和7年ごろから俳諧文学の研究に取り組み、創作も続けた。主に連句の研究と実作に傾注。24年「白燕」を創刊し主宰。のち同人誌に改組し代表同人。著書は「俳句史大要」、句集「雪」「朱明」「無刻」「荒栲」「和栲」などのほか英文学関係のもの多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android