コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本実梁 はしもと さねなや

美術人名辞典の解説

橋本実梁

伯爵。元老院議官。小倉輔季の男、中納言実麗の養子となる。明治維新の日柳原侍従と共に先鋒総監となり東下する。平定後諸官を歴任し式部権助兼二等掌典となり、神祗官再起建白書を差出した人。明治18年(1885)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本実梁 はしもと-さねやな

1834-1885 幕末-明治時代の公家,華族。
天保(てんぽう)5年4月5日生まれ。小倉輔季(すけすえ)の子。橋本実麗(さねあきら)の養子。文久元年(1861)侍従となり,和宮(かずのみや)降嫁に随従。2年国事御用掛となるが,翌年八月十八日の政変で出仕停止。慶応3年ゆるされ,戊辰(ぼしん)戦争で活躍した。明治17年伯爵。元老院議官。明治52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橋本実梁

没年:明治18.9.16(1885)
生年:天保5.4.5(1834.5.13)
幕末維新期の公家(羽林家)。橋本実麗 の子。安政5(1858)年,父実麗に従って,条約勅許に反対する有志堂上88名の「列参」に参加した。文久2(1862)年,国事書記御用を経て国事御用掛に就任(翌年には一時,国事参政加勢に転任)。同3年,柳原光愛と共に,外患祈攘のため勅使として伊勢神宮に参向。滞在中は神宮の警衛態勢を視察するなど,尊攘派として活動したが,同年8月18日の政変後は差控に処せられた。慶応3(1867)年赦免され,王政復古の政変によって参与となり,戊辰戦争にも従軍した。<参考文献>『橋本実梁陣中日記』(日本史籍協会叢書)

(箱石大)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

橋本実梁の関連キーワード江戸開城橋本実穎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android