謹慎(読み)きんしん

精選版 日本国語大辞典「謹慎」の解説

きん‐しん【謹慎】

〘名〙
① (形動)(━する) 言葉や行ないをひかえめにすること。また、そのさま。つつしみぶかいさま。
※色葉字類抄(1177‐81)「謹 人情部 キンジン」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「其の謹慎(キンシン)な性質で居ながら、五日と尻がすはらないで」 〔諸葛亮‐前出師表〕
刑罰の一種。一定期間、ある場所にいさせて外出を許さないこと。
(イ) 江戸時代、士分以上の者に科せられた
※嘉永明治年間録(1869)七「尾張、水戸、越前、三家に謹慎を命ず」
(ロ) 明治以後の陸海軍で行なわれた懲罰の一つ。
※陸軍懲罰令(明治四一年)(1908)五条「将校 一、重謹慎 二、軽謹慎」
(ハ) 学校などで行なう学生への処罰の一つ。登校を差し止めること。放校、退学停学に次ぐ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「謹慎」の解説

きん‐しん【謹慎】

[名・形動](スル)《古くは「きんじん」とも》
言動をひかえめにすること。また、そのさま。「酒をやめて謹慎する」
「―な性質で居ながら、五日と尻がすわらない」〈逍遥当世書生気質
一定期間、出勤や登校などを差し止める処罰。
江戸時代、上級の武士に適用された名目上の刑で、門戸を閉じて昼間の出入りを禁じたもの。つつしみ
[類語]遠慮気兼ね心置きはばか控え目斟酌しんしゃく忌憚きたん内輪憚る控える差し控える慎む断る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「謹慎」の解説

きんしん【謹慎】

言動を控え,みずからを戒めることで,刑罰・制裁としても科せられた。江戸時代,慎(つつしみ)と称した公家・武士の閏刑(じゆんけい)(特定の身分の者や幼老婦女に対し本刑の代りに科す刑)は,《公事方御定書》が規定する塞(ひつそく),遠慮類似の自由刑で,他出・接見などの社会的活動を制限することに実質的意義があったが,また名誉刑的な性格ももつ。幕末には大名処罰に隠居と併科された例が多くみられる。近代では,刑罰としての謹慎は1870年(明治3)の新律綱領士族官吏僧徒の閏刑として存した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「謹慎」の解説

【謹慎】きんしん

つつしみ深い。蜀・諸亮〔出師の表〕先愼なるを知る。故にずるに臨み、臣に寄するに大事を以てせり。

字通「謹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の謹慎の言及

【遠慮】より

…江戸幕府の下における刑罰ないし自発的謹慎。刑罰としては,武士,僧侶に科され,受刑者は屋敷に籠居して門を閉じるが,潜門(くぐりもん)は引き寄せておくだけでよく,夜間他の者が目だたぬように出入りしてもよかった。…

※「謹慎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android