コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本病の名前の由来 はしもとびょうのなまえのゆらい

1件 の用語解説(橋本病の名前の由来の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はしもとびょうのなまえのゆらい【橋本病の名前の由来】

 慢性甲状腺炎(まんせいこうじょうせんえん)は、橋本病(はしもとびょう)とも呼ばれています。これは、九州大学の橋本策(はかる)博士が、1912年に、甲状腺が全体に硬くなり、腫(は)れた(びまん性甲状腺腫(せいこうじょうせんしゅ))中年女性の症例を報告したことからきています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

橋本病の名前の由来の関連キーワード甲状腺炎甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症甲状腺腫副甲状腺慢性甲状腺炎眼球突出性甲状腺腫コロイド甲状腺腫自己免疫性甲状腺炎単純性甲状腺腫