橋爪檳榔子(読み)はしづめ びんろうじ

  • 橋爪檳榔子 はしづめ-びんろうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1897-1963 昭和時代の医事評論家,随筆家。
明治30年8月生まれ。三共製薬社員,別府化学薬品代表をへて日本薬学会編集主任。医事評論の草分けとして知られる。のち明治薬大教授。昭和38年11月8日死去。66歳。長野県出身。東京帝大薬学科卒,千葉医大卒。本名。著作に「科学百話」「薬の知識」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android