コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘永名 たちばなの ながな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘永名 たちばなの-ながな

780-866 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)11年生まれ。橘入居(いりい)の子。春宮大進(とうぐうのだいじょう)をつとめ,仁明(にんみょう)天皇即位後に急速に昇進,播磨守(はりまのかみ),のち右兵衛督(うひょうえのかみ)となる。承和(じょうわ)9年の弟逸勢(はやなり)の事件(承和の変)により親族ゆえに京外に追放された。13年官に復して弾正大弼(だんじょうのだいひつ),14年神祇伯(じんぎはく)。従三位。貞観(じょうがん)8年5月10日死去。87歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘永名の関連キーワード橘氏子公卿宝亀

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android