コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘永名 たちばなの ながな

1件 の用語解説(橘永名の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘永名 たちばなの-ながな

780-866 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)11年生まれ。橘入居(いりい)の子。春宮大進(とうぐうのだいじょう)をつとめ,仁明(にんみょう)天皇即位後に急速に昇進,播磨守(はりまのかみ),のち右兵衛督(うひょうえのかみ)となる。承和(じょうわ)9年の弟逸勢(はやなり)の事件(承和の変)により親族ゆえに京外に追放された。13年官に復して弾正大弼(だんじょうのだいひつ),14年神祇伯(じんぎはく)。従三位。貞観(じょうがん)8年5月10日死去。87歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘永名の関連キーワード公卿給地下の公卿生江恒山百済勝義佐伯永継忠貞王藤原玄上源興基源冷源長猷

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone