コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘入居 たちばなの いりい

1件 の用語解説(橘入居の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘入居 たちばなの-いりい

?-800 奈良-平安時代前期の官吏。
橘奈良麻呂の子。橘永名(ながな)・逸勢(はやなり)・御井子(みいこ)・田村子(たむらこ)らの父。延暦(えんりゃく)2年(783)従五位下となる。中衛(ちゅうえの)少将,遠江守(とおとうみのかみ)をへて,15年右中弁。16年神王(みわおう)らと「刪定令格(さんていりょうきゃく)」を編集(現存しない)。のち播磨(はりまの)守,左京大夫(だいぶ)をかね,従四位下にすすむ。延暦19年2月10日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘入居の関連キーワード特定扶養控除中距離競走脳の本ブームナノニンテンドー3DSSVGA被災者への公的支援法人事業税英彦山の自然名古屋市議の年間報酬

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone