機械学会黎明期の学術図書(機械学会誌創刊号、機械工学術語集及び機械工学便覧)(読み)きかいがっかいれいめいごのがくじゅつとしょ

事典 日本の地域遺産の解説

(東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館5F日本機械学会事務局展示室)
機械遺産」指定の地域遺産〔第24号〕。
「機械学会誌創刊号」:1897(明治30)年12月真野文二教授の提唱で創設され機械学会は、「機械学会誌」創刊号を発刊した。「機械工学術語集」:1901(明治34)年~1924(大正13)年12月までかけ刊行された。「機械工学便覧」:8ヵ年に亘り22名の委員の努力と約2万円の経費を投じて完成。機械工学と技術との集大成として1934(昭和9)年2月に刊行された

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android