コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檍遺跡 あおきいせき

世界大百科事典 第2版の解説

あおきいせき【檍遺跡】

宮崎市吉村町檍にある,東九州南部の弥生時代前期の代表的な墓地遺跡。宮崎市を貫流する大淀川の左岸沖積平野に,海岸と平行する現海岸から数えて第3砂丘の南端に立地している。遺跡は1951,52年に小児甕棺の検出により知られ,56年日本考古学協会弥生式土器文化総合研究特別委員会の発掘,59年宮崎市の発掘により,10基の土壙上に1m前後の方形ないし長方形の石敷きをもつ墓と,壺棺3組が記録されている。【坪井 清足】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android