コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檍遺跡 あおきいせき

1件 の用語解説(檍遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あおきいせき【檍遺跡】

宮崎市吉村町檍にある,東九州南部の弥生時代前期の代表的な墓地遺跡。宮崎市を貫流する大淀川の左岸沖積平野に,海岸と平行する現海岸から数えて第3砂丘の南端に立地している。遺跡は1951,52年に小児甕棺の検出により知られ,56年日本考古学協会弥生式土器文化総合研究特別委員会の発掘,59年宮崎市の発掘により,10基の土壙上に1m前後の方形ないし長方形の石敷きをもつ墓と,壺棺3組が記録されている。【坪井 清足】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

檍遺跡の関連キーワード熊襲田野宮崎市宮崎宮崎平野弥生時代南九州大学田村遺跡東九州自動車道東九州自動車道の無料区間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone