宮崎市(読み)みやざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎〔市〕
みやざき

宮崎県中部,宮崎平野の南東部から日南海岸北部に広がる中核市。県庁所在地。1924年市制。1932年檍村,1943年赤江町,1951年瓜生野村,木花村,青島村,倉岡村の 4村,1957年住吉村,1963年生目村,2006年佐土原町,田野町,高岡町,2010年清武町をそれぞれ編入。市域は平安時代以降,八条院領 (国富荘園) となり,室町時代には日向地頭伊東氏の所領であった。豊臣秀吉の九州統一後は延岡藩高橋氏の飛び領地,江戸時代は大淀川を挟んで北が延岡藩,南が飫肥藩の所領であった。1873年県庁が設置されてから市街地が発達。現在の中心市街地は大淀川河口の沖積地にあり,大淀川左岸に近い県庁付近が官公庁,銀行,会社などの集中するビジネス地区で,橘通りは中心商店街,西橘通りと中央通りは娯楽地区。大淀川畔の橘公園ではフェニックスの並木が南国的景観を示している。全体的には商業都市の性格が強く,工業は家具,食料品,製材の中小工場が立地。大淀川南部,西部の丘陵地には住宅団地がある。郊外の農村部では早期水稲が広く栽培され,キュウリ,トマト,カボチャの施設園芸が行なわれる。黒木家住宅 (主屋,土蔵など) ,巨田神社本殿などは国指定重要文化財。生目古墳群,蓮ヶ池横穴群,佐土原城跡,穆佐城跡 (むかさじょうあと) ,安井息軒旧宅は国の史跡。国の特別天然記念物の亜熱帯性植物群落,および国の天然記念物の隆起海床と奇形波食痕で知られる青島は有名。清武の大クスは国の天然記念物。神武天皇ゆかりの宮崎神宮 (境内のオオシラフジは国の天然記念物) などは日南海岸国定公園に,西部はわにつか県立自然公園に属する。JR日豊本線,日南線,国道10号線,219号線,220号線などが通じ,宮崎空港がある。宮崎自動車道の起点で,宮崎インターチェンジがある。面積 643.67km2。人口 40万1138(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宮崎市の関連情報