コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫃まぶし ヒツマブシ

2件 の用語解説(櫃まぶしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひつ‐まぶし【×櫃まぶし】

《「ひつまむし」とも》名古屋風のウナギ飯。小型のお櫃に茶碗三杯分くらいの飯をいれ、上に刻んだウナギの蒲焼きをのせたもの。全体をかき混ぜて一杯目を食べ、二杯目は刻みネギ、海苔などの薬味を掛けて食べ、三杯目は煎茶またはだし汁を掛けて茶漬けとして食べる。商標名。
[補説]明治ころからあるという。「まぶし」は「まぶ(塗)す」の連用形からか。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひつまぶし【櫃まぶし】


愛知県名古屋市の名物料理で、うなぎを蒸さずに焼いたかば焼きを細かく刻み、櫃(ひつ)に入れた飯の上にのせたもの。茶碗に盛り、1杯目はそのまま、2杯目はわさび、のり、みつばなどの薬味を合わせて、3杯目はせん茶、あるいはだし汁をかけて食べるのが代表的な食べ方。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫃まぶしの関連キーワード鰻飯まむし蝮酒蝮指櫃まむしヘマムシ入道ヘマムショ入道タマムシ(玉虫)鰻蒸し地焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

櫃まぶしの関連情報