わさび

  • 根菜・土物類

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

北陸甲信越地方、長野県地域ブランド
主に安曇野市生産されている。安曇野市は、わさび生産量全国トップクラス。わさび栽培には欠かせない清涼で豊富な湧水に恵まれている。生わさびとしてはもちろん、わさび漬けなどの加工品も多く販売されている。
東海地方、静岡県の地域ブランド。
慶長年間(1596年〜1615年)、静岡市有東木でわさび栽培が始まったという。その後、静岡県内の各地域へと広まっていった。富士山・天城山・南アルプスと全国屈指の豊かな自然に囲まれ、清らかな水で栽培されるわさびは、高級食材として活用されている。現在、静岡県は全国有数のわさび産地。
中国地方、山口県の地域ブランド。
主に岩国市周南市で生産されている。明治時代から本格的に生産が始まり、現在では全国有数のわさび生産量を誇るまでになった。特に、岩国市錦町がわさび産地として名高く、同地には平家落人がわさびをすって、鹿肉に添えて食したという伝説もある。畑わさびが中心だが、水わさびも好評

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わさびの関連情報