櫛出帽子(読み)くしだしぼうし

精選版 日本国語大辞典の解説

くしだし‐ぼうし【櫛出帽子】

〘名〙 江戸時代、女性のかぶり物の一つ。仏参のときなどにかぶった角ぼうしをいう。本来、女の帽子は髪飾りが見えないものであるのに、櫛が出て見えるところからいう。御堂ぼうし。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android