コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠山遺跡 かけやまいせき

1件 の用語解説(欠山遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かけやまいせき【欠山遺跡】

愛知県宝飯郡小坂井町欠山地区から鷺坂・五社稲荷地区の2000m2にわたってひろがる弥生時代後期の集落遺跡。豊川河岸段丘上に位置し,標高は約7m。1927年に発見されてから,清野謙次,久永春男,豊橋史談会等により調査された。長大な壕や多数の住居址,主鹹水(しゆかんすい)性の貝塚などが数地点にわたり分布しており,欠山,鷺坂,五社稲荷の各地点に区別されている。出土品は,大量の土器,打製と磨製の石斧,骨製の鏃,骨製や角製の銛,刻文の施された鹿角,土製の錘などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

欠山遺跡の関連キーワード愛知県小坂鉱山御油坂井豊川愛知県立大学サンビシ松平清善松平与副竹本元儤

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone