コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清野謙次 きよのけんじ

7件 の用語解説(清野謙次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清野謙次
きよのけんじ

[生]1885.8.14. 岡山
[没]1955.12.27. 東京
病理学者,人類学者。 1909年京都大学卒業。同大学教授。 22年生体染色研究で学士院賞受賞。病理学研究のかたわら日本石器時代人の骨格の収集に努力し,さらに,その研究に統計学的方法を用いて資料を集大成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きよの‐けんじ【清野謙次】

[1885~1955]病理学者・人類学者。岡山の生まれ。京大教授。生体染色法を研究。また、縄文人などの人骨を収集して計測による研究を行い、原日本人説を提唱した。著「日本考古学・人類学史」「日本貝塚の研究」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

清野謙次【きよのけんじ】

病理学者,人類学者。岡山市生れ。京大医学部卒業後ドイツに留学,1921年母校微生物学・病理学教授となる。日本の生体染色学の創始者で,全国の貝塚を発掘して1500体以上の人骨を集め,日本石器時代人種論を確立したことでも著名。
→関連項目吉胡貝塚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清野謙次 きよの-けんじ

1885-1955 大正-昭和時代の病理学者,人類学者。
明治18年8月14日生まれ。ドイツに留学,アショフにまなび,大正10年母校京都帝大の教授となる。昭和23年東京医大教授。生体染色法の研究で大正11年学士院賞。先史時代の人骨を収集・分析し,現代日本人アイヌの祖先を日本石器時代人とする日本原人説を提唱した。昭和30年12月27日死去。70歳。岡山県出身。著作に「カルミン生体染色論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きよのけんじ【清野謙次】

1885‐1955(明治18‐昭和30)
病理学者,人類学者。岡山市に生まれ,1909年に京都大学医学部を卒業。ドイツに留学してL.アショフに師事したのち,母校の病理学および微生物学の講座を担当。22年,生体染色研究により学士院賞を受けた。19年ころから,病理学研究のかたわら,日本石器時代人の研究を志し,全国の貝塚,古墳等を発掘して1500体以上の先史時代人骨を収集。多くの協力者をえて計測と集計を行い,225編にのぼる研究報告を刊行した。その別刷集は,全10巻の《清野研究室人類学論文集》にまとめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きよのけんじ【清野謙次】

1885~1955) 病理学者・人類学者。岡山県生まれ。京大教授。病理学における生理学的研究の導入を主唱し、生体染色の研究で成果をあげた。また、石器時代の人骨を計測して原日本人説を唱えた。主著「生体染色の研究」「古代人骨の研究に基づく日本人種論」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清野謙次
きよのけんじ
(1885―1955)

病理学者、人類学者。明治18年、岡山市に生まれる。1909年(明治42)京都帝国大学医科大学を卒業。1912~1915年ドイツのフライブルク大学に留学し、アショフ教授のもとで生体染色の研究を行った。1921~1938年京都帝国大学医学部教授として病理学と微生物学を担当。1922年(大正11)に生体染色法の研究により帝国学士院賞を受けた。一方、関西方面を中心に数多くの遺跡を発掘し、縄文人をはじめとする1500体余りの人骨を収集した。その研究によって提唱されたのが、原日本人説あるいは混血説といわれる、日本人は縄文人(原日本人)を基盤としているが、弥生(やよい)時代以降、アジア大陸からの渡来者と混血したためにその形質が変化し、現代日本人を生じたという説である。現在からみるとこの清野説は多くの点で修正されなければならないが、渡来者と縄文人との混血があったことは認められている。『日本人種論変遷史』(1944・小山書店)、『古代人骨の研究に基づく日本人種論』(1949・岩波書店)などの著書がある。[埴原和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清野謙次の言及

【アイヌ】より

… 北海道アイヌの骨格を最初に詳しく調査し,アイヌと本州縄文人とが互いに著しく類似することを発見した小金井良精は,アイヌが日本の縄文時代の先住民であり,のちに海外から渡来した日本人によって北へ追われたのであろうと考えた。しかし小金井に続いて日本各地の古人骨資料をさらに数多く調査した長谷部言人,清野謙次らは,アイヌばかりでなく日本人もまた,基本的には縄文時代人に由来したものであることを明らかにした。現在の知見によれば,縄文時代人は多少の地域差を示すが,全体としてかなり均質な旧石器時代人的体質の持主であった。…

【縄文文化】より

…小金井良精は,縄文時代にはアイヌが先住していたが,移住者によって北海道に押しこめられたというアイヌ先縄文説を唱えた。清野謙次は,アイヌと現代日本人の共通の祖先が長い混血の歴史を経て形質上の変化を遂げてきたとする原日本人説を示した。同じく縄文時代以来の形質的変化によって,弥生人,古墳時代人を経て現代日本人になったとしながらも,その原因は混血ではなく,生活様式の変化が筋肉や骨の変化を惹起したとする長谷部言人の原日本人説がある。…

【日本人】より

… 大正後半期に入ると,人骨資料を基にして研究が進められ,日本人の根幹は日本の国土において形成されたとする〈日本人説〉が台頭してきた。清野謙次は,主として西日本地域から多数の人骨を収集し,計測値の統計結果から日本人の起源を論じ,長谷部言人は,主として東日本から集めた人骨を資料として研究しているが,必ずしも計測値の結果にこだわらず,とくに更新世(洪積世)人類の骨格にみられた時代的変化の理論を,日本人の時代的変化の説明に用いながら考察している。清野は《古人骨の研究に基づく日本人種論》(1949)を,長谷部は《日本民族の成立》(1949)を,それぞれ研究の集大成として出版している。…

※「清野謙次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

清野謙次の関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓旧飯田医院東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清野謙次の関連情報