欠落久離(読み)かけおちきゅうり

  • かけおちきゅうり ‥キウリ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代、目上の者が、欠落家出)した目下の者との親族関係を断絶する行為。普通、単に久離といわれたが、江戸後半期に、在宅する者を追い出し、親子関係を断絶する勘当(かんどう)と混同され、両者を区別する必要上、久離を欠落久離、勘当を追出久離(おいだしきゅうり)といったことがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の欠落久離の言及

【勘当】より

…江戸時代には親族関係断絶行為をあらわすことばとして,勘当のほかに久離と義絶があり,3者はしばしば混同して用いられたが,安永(1772‐81)ころになると,勘当は家にある子を懲戒のため放逐する行為をさすようになり,子以外の親族やすでに家出している子との親族関係を断つ久離と区別された。その後,武士と庶民とで,勘当,久離のとなえかたを異にした時期もあり,またのちには武士,庶民を通じて,追出し行為たる勘当も,そうでない久離も,共に久離と称し,とくに両者を区別するときは,勘当のことを追出久離,家出人に対する久離を出奔久離(武士),欠落(かけおち)久離(庶民)ととなえることも行われた。勘当の本来の目的は親の子に対する懲戒であるが,血族関係にもとづく連帯責任を避け,また素行不良の子による家産の蕩尽を防ぐことも副次的目的であった。…

※「欠落久離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android