目下(読み)メシタ

  • もっか モク‥
  • もっか〔モク〕

デジタル大辞泉の解説

地位・年齢などが自分より下であること。また、その人。⇔目上(めうえ)
目の前。すぐ近く。眼前。
「災害の―に迫るを知り」〈織田訳・花柳春話
ただいま。さしあたり。現在。副詞的にも用いる。「目下のところ復旧の見込みはたたない」「目下検討中」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 目の下。眼下(がんか)
※唐詩選国字解(1791)五言古「圧は上から下ををさゆる、安排の字て、目下に見をろす意」
② 地位、階級、年齢などが自分よりも低いこと。また、その人。特に、親族内で自分よりも地位、年齢などの低い人。卑属。
※咄本・醒睡笑(1628)二「誰にても目下なる人といへば、ねだれて物を取る者なり」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「目下(メシタ)にならぶ子供にも、㒵向(かほむけ)ならぬこの始末」
〘名〙
① 目の前。すぐ近く。目前。眼前。まのあたり。
※新聞雑誌‐五一号・明治五年(1872)六月「風俗の美悪歴々目下にあり」 〔蜀志‐楊洪伝〕
② ただいま。現在。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三〇「目下汝を扶助するを以て急務となす」 〔李白‐登敬亭山南望懐古贈竇主簿詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目下の関連情報