コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧希範五臓図 おうきはんごぞうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欧希範五臓図
おうきはんごぞうず

北宋時代に刊行された解剖図。慶暦5 (1045) 年,中国,広西の欧希範ら 56名が反逆人として捕えられ,はりつけにされ腹を裂かれた。その解剖図を宋景が描き,呉簡が序文をつけたもの。 11~12世紀の解剖図としては世界最高の水準を示している。政和3 (1113) 年,安徽省の郡守李夷行がこれを修正する目的で解剖を行わせ,医師楊介が編集したものが『存真環中図』である。同書鎌倉時代に日本に伝わり,梶原性全の著『頓医抄』に全文が収載されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android