コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓医抄 とんいしょう

2件 の用語解説(頓医抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頓医抄
とんいしょう

梶原性全」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頓医抄
とんいしょう

鎌倉時代を代表する医学全書。1303年(嘉元1)梶原性全(かじわらしょうぜん)が撰述(せんじゅつ)した。和文をもって書かれており、全50巻。病気の分類は隋(ずい)の『諸病源候論』により、処方は『千金方』『太平聖恵方』など唐・宋(そう)の医書から摘録しているほか、自己の経験を付している。巻43、44には彩色の内臓図が収められているが、これは当時の西洋の解剖学に比してはるかに高度なものである。性全はその後『聖済総録』を得て、『万安方(まんあんほう)』62巻を撰した。[小曽戸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。