頓医抄(読み)とんいしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頓医抄
とんいしょう

鎌倉時代を代表する医学全書。1303年(嘉元1)梶原性全(かじわらしょうぜん)が撰述(せんじゅつ)した。和文をもって書かれており、全50巻。病気の分類は隋(ずい)の『諸病源候論』により、処方は『千金方』『太平聖恵方』など唐・宋(そう)の医書から摘録しているほか、自己の経験を付している。巻43、44には彩色の内臓図が収められているが、これは当時の西洋の解剖学に比してはるかに高度なものである。性全はその後『聖済総録』を得て、『万安方(まんあんほう)』62巻を撰した。[小曽戸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android