歌の父母(読み)うたのちちはは

精選版 日本国語大辞典の解説

うた【歌】 の 父母(ちちはは)

(「古今集‐仮名序」の「なにはづの歌は、みかどのおほむはじめなり。〈略〉あさか山のことばは、うねめのたはぶれよりよみて、〈略〉このふた歌は、うたの父母のやうにてぞ、手ならふ人のはじめにもしける」から) 王仁(わに)の作と伝えられる「難波津にさくやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」と、「万葉集‐三八〇七」の陸奥国の前の采女作「安積香山影さへ見ゆる山の井の浅き心をわが思はなくに」の二首をいう。
為兼和歌抄(1285‐87頃)「哥の父母といふほどの哥、いたづら詞はよもあらじと思ふに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android