歌仙草(読み)カセンソウ

デジタル大辞泉の解説

かせん‐そう〔‐サウ〕【歌仙草】

キク科の多年草。日当たりのよい湿地に生える。高さ40~70センチ。葉は先のとがった長楕円形で、縁に細かいぎざぎざがある。夏、黄色の頭状花をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かせんそう【歌仙草】

キク科の多年草。日当たりの良い山地の少し湿った土地に自生。高さ30~60センチメートル。葉は披針形。夏から秋、径約4センチメートルの黄色の頭花を開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

歌仙草 (カセンソウ)

学名:Inula salicina var.asiatica
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かせん‐そう ‥サウ【歌仙草】

〘名〙 キク科の多年草。日本各地、朝鮮、中国、シベリアなどに広く分布し、日当たりのよい山野の、少し湿った土地に生える。高さ三〇~八〇センチメートル。茎は直立し、上部で少し分枝する。葉は乾いた紙質で先のとがった長楕円形、縁にはまばらでこまかい鋸歯(きょし)がある。夏、枝先に径約四センチメートルの黄色花を一つずつつける。おやまぐるま。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android