コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歙県 しょう

2件 の用語解説(歙県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歙県
しょう

「ショー (歙) 〔県〕」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歙県
しょうけん / ショーシエン

中国、安徽(あんき/アンホイ)省南東部にある県。新安江(しんあんこう/シンアンチヤン)の上流域に位置し、浙江(せっこう/チョーチヤン)省に隣接する。漢代に歙県が置かれ、唐代に歙州の治所となり、宋(そう)代に徽州(きしゅう)に改められた。明(みん)・清(しん)代は徽州府の治所であった。周辺農村では米のほか茶の栽培が盛んで、黄山毛峰(こうざんもうほう)茶、老竹大方(ろうちくたいほう)茶などの銘茶を産出する。伝統工業では製茶のほかに、墨、硯(すずり)の製造が行われ、徽墨(きぼく)、歙硯(しょうけん)の名で知られる。県の北西境にある黄山は観光地、保養地として名高い。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歙県の関連情報