歙県(読み)しょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歙県
きゅうけん / ショーシエン

中国、安徽(あんき)省南東部にある黄山(こうざん)市の県。新安江(しんあんこう)の上流域に位置し、浙江(せっこう)省に隣接する。人口48万4782(2010)。漢代に歙県が置かれ、唐代に歙州の治所となり、宋(そう)代に徽州(きしゅう)に改められた。明(みん)・清(しん)代は徽州府の治所であった。周辺農村では米のほか茶の栽培が盛んで、黄山毛峰(ホワンシャンマオフォン)茶、老竹大方(ラオチューターファン)茶などの銘茶を産出する。伝統工業では製茶のほかに、墨、硯(すずり)の製造が行われ、徽墨(きぼく)、歙硯(きゅうけん)の名で知られる。県の北西境にある黄山は観光地、保養地として名高く、1990年ユネスコ(国連教育科学文化機関)により世界遺産の複合遺産(文化、自然の両方の価値がある遺産)に登録された(世界複合遺産)。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android