コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正マグマ せいマグマorthomagma

岩石学辞典の解説

正マグマ

揮発性成分の量が少なく,約1300℃から1700℃の高い結晶作用の温度をもつマグマをいう[Szadeczy-Kardoss : 1960].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

正マグマの関連キーワード銀ペントランド鉱ヒーズルウッド鉱ペントランド鉱ウルボスピネル紅砒ニッケル鉱正マグマ性鉱床ゲルスドルフ鉱マグマ分化鉱床ポリディム鉱プレミア鉱山針ニッケル鉱輝コバルト鉱菱ニッケル鉱フッ素燐灰石正マグマ岩脈菱コバルト鉱ブラッグ鉱テルル鉛鉱サドベリーキューバ鉱

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android