コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正マグマ せいマグマorthomagma

岩石学辞典の解説

正マグマ

揮発性成分の量が少なく,約1300℃から1700℃の高い結晶作用の温度をもつマグマをいう[Szadeczy-Kardoss : 1960].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

正マグマの関連キーワード銀ペントランド鉱ヒーズルウッド鉱正マグマ性鉱床ゲルスドルフ鉱マグマ分化鉱床ペントランド鉱ウルボスピネル紅砒ニッケル鉱輝コバルト鉱ポリディム鉱フッ素燐灰石針ニッケル鉱菱ニッケル鉱プレミア鉱山正マグマ岩脈菱コバルト鉱チタン鉄鉱サドベリーテルル鉛鉱トロイリ鉱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android