コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化石類人猿 かせきるいじんえんfossil apes

世界大百科事典 第2版の解説

かせきるいじんえん【化石類人猿 fossil apes】

地質時代に生息し,化石として残されている類人猿の総称。化石類人猿は,分類学的には現存の大型類人猿であるゴリラ,チンパンジーオランウータンとともに類人猿科Pongidaeに含まれており,テナガザル科やヒト科といっしょにヒト上科としてまとめられている。現在までに知られている化石から判断して,漸新世の中期ごろ(約3000万年前)にはすでに,テナガザル系統のプリオピテクス類Pliopithecinaeと類人猿系統は分岐していたらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

化石類人猿の関連キーワードチョローラピテクス・アビシニクスギガントピテクスドリオピテクスケニアピテクスオレオピテクスラマピテクスプロコンスルシバピテクス化石人類地質時代人類猿人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android