正則曲線(読み)せいそくきょくせん

精選版 日本国語大辞典「正則曲線」の解説

せいそく‐きょくせん【正則曲線】

〘名〙 連続曲線の一つ。たとえば、平面上の連続曲線 x=f(t),y=g(t)(a≦t≦b) において、f(t),g(t) が微分可能、かつその導関数が連続で、しかもそれらの導関数が同時に0にならないもの。空間の連続曲線 x=f(t),y=g(t),z=h(t)(a≦t≦b) についても同様。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「正則曲線」の解説

せいそく‐きょくせん【正則曲線】

曲線上の各点で接線の引ける曲線。各点で微分可能な曲線。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android