コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正墻薫 しょうがき かおる

1件 の用語解説(正墻薫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正墻薫 しょうがき-かおる

1818-1875 江戸時代後期の武士。
文化15年1月1日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。佐藤一斎,篠崎小竹(しのざき-しょうちく)にまなぶ。藩儒として学制改革,産物会所吟味役として殖産興業につとめた。明治8年3月9日死去。58歳。字(あざな)は醇夫,朝華。通称は新蔵。号は適処,研志堂。著作に「杞憂録」「研志堂詩鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

正墻薫の関連キーワード文康月窓清水美作泉鉄等舟西川桃源仁科錦川晴間星丸藤田長鎮六条園梶丸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone