殖産興業(読み)しょくさんこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殖産興業
しょくさんこうぎょう

明治初期において,先進資本主義諸国の外圧に対抗するため,近代産業技術を移植して資本主義的生産方法を保護育成しようとした政策。初期には鉄道,電信,鉱山,造船などの官営事業の創設紡績製糸などの模範工場の建設,さらには牧畜,農林業などの官営諸施設の創設などを中心に行われたが,1875年以降は,私企業への各種補助金,勧業資本金の交付などに重点を移していき,近代産業の形成を促進した。これら官営事業は,その後 80年の工場払下概則および 85年の工部省の廃止によって政商 (浅野,岩崎,三井,古河など) に廉価で払下げられ,財閥形成の原因ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくさん‐こうぎょう〔‐コウゲフ〕【殖産興業】

生産をふやし、産業を盛んにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

殖産興業【しょくさんこうぎょう】

明治前期に資本制生産様式移行のため政府が展開した産業保護育成政策。富国強兵と並び当時の重要政策であった。産業機械・技術を導入し,軍事,鉄道,鉱山,通信,造船等の官営工業や紡績,製糸等の模範工場を経営する一方,助成金,輸入機械払下げなどで私企業も育成した。のち官営工業の多くは官業払下げにより民間ブルジョワジー(政商)の手に渡り巨大資本の蓄積を促進した。
→関連項目御雇外国人共進会広益国産考豪農国立銀行実学新町屑糸紡績所太政官札内国勧業博覧会日本明治維新

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくさんこうぎょう【殖産興業】

産業の振興と物産の繁殖を通じて,富国強兵をめざす〈殖産興業〉の思想は,維新政府の政策をつらぬく顕著な経済思想のひとつであった。しかしその端緒はすでに,開港前後の幕府,諸藩の政策のなかにあらわれていた。たとえば鹿児島藩では1830‐40年代(天保・弘化期)の藩政改革ののち,集成館の造船・造機工場や洋式綿糸紡績所などの操業が開始され,諸藩や幕府でも反射炉溶鉱炉造船所の建設や国産振興,専売制度,交易拡大などの政策が,緊迫した内外の政局のなかで積極的に進められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくさんこうぎょう【殖産興業】

生産をふやし、産業をおこすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殖産興業の関連情報